アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

JUGEMテーマ:映画

あまり予想だにしない内容なのですが

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の感想について書きたいのです。

 

とても謎ですね、けど始めますね、ネタバレあるかもしれないので了承ください。

 

今作品を見る前はとにかく自分の大好きなスパイダーマンとドクター・ストレンジとブラックパンサーを見たくて見たくて何度も予告編を再生していたのを覚えています。

 

けど、終わった後は好きなキャラを見れて満足という感想ではなかったのです。

 

印象にとても残っているのは今回の悪役のサノスです。彼は生命は増えすぎたので半分を消そうとするのですが、その理由は銀河のバランスを保つため。銀河が壊れないようバランスを保つためには銀河中の生命を半分にするしかないと考えたサノスはそれを達成するためにすべてを注いでいました。

彼の正義には一定の納得はできるはずです。けど彼の正義のための行動は納得できないのです。生命の半分を消していく様子、正義のために自分の愛する人までも殺してしまうという異常なまでの行動には疑問ですね。

目的のためにはどんな手段も選ばない姿、そして得た自分が望んだ結果は本人にとって正解だったのか疑問です。

エンディングの最後にはサノスが故郷で静かに一人で落ち着いている姿が見えます。そのときのサノスは満足な気持ちだったのかがとても気になりました。

 

普段の生活でも、

自分の大事な目標を大切なものを捨ててまで、達成した先で自分に満足は訪れるのかなぁ、なんて思いました。

 

 

スポンサーサイト

コメント